sponsored link


皆既月食とは???


皆既日食が日本で見られるのは2009年7月22日になりますが、月が欠ける皆既月食は2007年8月28日に日本全国でみることができます。月食は月に地球の影がうつることによっておこる現象ですが、皆既月食とは月−地球−太陽が一直線に並ぶことによって、月が完全に地球の影に入ってしまう現象です。そのため、皆既月食は満月の時にしか起こらないことになります。皆既月食が日本で見られるのは西日本では3年ぶり。全国で見られるのは実に6年ぶりです。2007年の皆既月食は、月が昇ってくるときにはすでに月食がはじまっており、欠けた状態です。

皆既月食は赤銅色の神秘的な色になることが知られています。これは地球のまわりの大気を通過した光によって月が赤銅色に光る現象です。皆既月食は皆既日食のときとは異なり、天候にさえ恵まれれば特別な道具なしでも肉眼で観察することができます。

2007年8月28日の皆既月食は日本全国で見ることができます。皆既月食を見る場所によって時間は多少異なりますが、最大食の時間は19:37ごろ。2007年のこの皆既月食は日没後に見られるため、月を観察するにはいい時間帯です。東の地平線から月が昇ってくるときには、すでに月食が始まっている状態となります。少しずつ消えていく満月のミステリアスな自然現象を体験できます。夕涼みがてら、お月様を観察してみましょう!




タグ:日食 月食 皆既
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。