sponsored link


皆既日食って?


皆既日食。それは太陽が完全に月に隠れてしまう神秘的な現象の事。
暗黒の世界に閉ざされ皆既日食は、古代の人々にその瞬間を恐れられ、彼らは神に祈りを捧げました。

数年に一度、しかも世界のごく限られたところでしか見られない皆既日食。

日食(にっしょく、元の用字は日蝕)とは太陽の一部分、もしくは全体が月によって覆い隠される現象のこと。
月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(かいきにっしょく)といい、逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(きんかんにっしょく)といいます。

皆既日食の時は、普段は太陽の輝きのために見ることができないコロナや紅炎(プロミネンス)の観測ができます。
太陽の構造・物理的性質を調べる絶好の機会となるので、専門家の間では、太陽だけでなく、恒星一般の研究にもなるのです。

皆既日食が起こると夜空のように星が見えるようになります。

その短い時間を利用して1919年に相対性理論の検証が行なわれました。
『皆既日食中に太陽周辺の星を観測すると、星からの光は太陽の重力場を通ってきて屈曲することになる。』
相対性理論で予想された方向と実際に観測された方向を比較することで、相対性理論が正しいことが証明されたのです。

この皆既日食という神秘的な現象を日本で見られます
2009年7月。
天文ファンでなくても、この神秘に触れてみたいと思いませんか??

※皆既日食をさらに詳しく知りたい方は、wikipediaへ!


タグ:皆既日食
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。